バンギャルやめたら偏頭痛も治るだろうか

バンギャルやめますか それとも人間やめますか。

人間やめてバンギャルになった日。

5月末に長年勤めた会社を退職して以来ずっとフラフラしてましたが、ようやく次の仕事決まりまして。(というか、しばらく心身共に休養したかったので 探すこと自体してなかったんですけど)

3つ候補があった中から、

「大学で専攻していた分野の、本来やりたかったはずの仕事」

でも、

「年収が良くて正社員」

の求人でもなく、

給料は高くないし、内容も、嫌で辞めた前職に近いところはあるけど


「シフト制で平日土日関係なく休みが取りやすい」


仕事を選びました。
将来性よりも、世間体よりも、やりがいよりも、バンギャルとして生活していきやすいことを優先したんですよね。


この歳(30過ぎ)でその選択は 「人として」は明らかに間違ってるのはわかってるんですけど 、本当にこの求人の条件が バンギャルにもってこいだったんですよ…(ちなみに服装頭髪も自由)

蹴った2つの方は、ちょっと堅い仕事だったし、土日しか休めないとこほと土曜が絶対休めないところだったので、平日公演も普通にいっぱいあるインディーズバンドを複数かけ持ちしている自分には向かなくて。

土日だけでも、土曜行けなくても、行きたいライブに全く行けないわけじゃないけど 「もしそれで重要な公演に行けなかったら」って思うし、そうでなくても地方もインストも行きたいところに行きたい。

あと、前職が通勤も仕事中も制服着用で、頭髪の規定も厳しくてネイルは禁止だったので、20代の良い時期をそれで過ごしてしまったことに今さら後悔が出て来て、辞めてから好きな服着て髪色明るくして爪伸ばしてっていう生活してみたら、もう、これやめたくないな、戻りたくないなって思ってしまって。


マジ、大人として、クズすぎる…ということはわかってるんですけど …私が「人として」生きて行くには、これが正解なんだと思います。



前の職場の前にもう一つ経験してるんですけど、そこでは前述の頭髪等の規定に加えて、希望休も取れなくて、ほぼ全くライブに行けなくて。好きな服を着る機会も、好きな人に会いに行く機会もなくて、毎日、何のために心身共に消耗して働いてるのかわからなくて。

っていうのがあったので、「不安定でも、好きなように生きたい」という バンドマンのような生活を選んでしまいました。


たまにバンドマンが「お前ら(バンギャル)の方が、オレ達よりよっぽどロックな生き方してるよ…(オレにはできない の意)」って、むしろ半ば尊敬してるよぐらいな感じで言いますけど、本当にそう思います。

今までも、アホほどライブ行って、暴れ狂ってアザ作って、バンドを支えに毎日嫌なことも乗り切って、メンバーにガチ恋して、インストにデートばりにお洒落して行って、十分過ぎるほどに「バンギャル」して来たけど、それは一応、学校行ったり「普通に」働いたりしながらのことで。


なので、今回の、妙齢になって次がない段階でのこの転職の選択で、いよいよ本当に「バンギャルとして」生き始めてしまったんだなと思ったので、なんとなく文章にしてみました。



あ~~~~~~このブログが本になって印税で生活できればいいのに\(^o^)/