バンギャルやめたら偏頭痛も治るだろうか

バンギャルやめますか それとも人間やめますか。

社畜バンギャルが無職になってわかったこと

明日から新しい仕事の研修が始まるので、今日が自由期間最後の日でした。


前の職場で働いている間、本当に毎日仕事がキツくて、休みの日にライブに行くことだけが救いでした。

「あと○日耐えればライブだ…」

「今日のライブ楽しかったから、次のライブまでまた○日頑張ろう!」

を数年間繰り返して、何とか 辞めずに死なずに人も殺さずにやって来られました。(最終的には殺しそうになったので、そうなる前に辞めました。)



その間に見たライブって、たしかに 楽しかったし感動したし、元気ももらったけど、

「仕事を頑張った自分へのご褒美」

とか

「明日からまた仕事を頑張るための道具」

になってしまってたんじゃないかなって、辞めてから思って。


純粋に、時間を忘れて楽しんだり、バンド側が伝えたいことを受け取ったり、そのライブから何かを感じたりっていう、本来のライブの在り方というか、音楽の楽しみ方自体を疎かにしてしまっていたように思います。

「普段こんなに嫌な思いして働いてるんだから、休みの日にライブ行かないとやってられない」っていう考えが、すごく強かった。


自分がそういう思いをして働いてるから、バンドマンが自分たちの苦労を訴えれば「私達一般社会人の方がよっぽど苦労してるし…」って思ってたし、夢を語れば「いいなあ、自由業の人は…」って思ってしまってました、正直。



でも、無職になって、ライブ前日に休憩も取れずに残業で客にも怒鳴られ、翌日からはまたその生活が待っている…っていうのから解放された状態でライブが見られるようになってから、全然見える世界とか感じることが変わって、「バンドマンも頑張ってんだな…」とも思えるようになって。



明日からは、なるべくその状態を維持して、「仕事を頑張った代わりにライブに行ける」じゃなくて、「普段は仕事して、休みの日は好きなことする。ライブが好きだから、行く。」っていう感覚でいたいです。